• ホーム
  • アイピルはインターネットでも購入できる!もしもの時に備えて通販しておこう

アイピルはインターネットでも購入できる!もしもの時に備えて通販しておこう

2020年04月05日

もしあなたが病院に行くのが嫌だったり病院に行けないというのならば、個人輸入を使って購入するのも方法です。
個人輸入とは海外で流通している薬やサプリメントを、個人が使うという目的で個人で注文して輸入し、使うというものです。海外というとアメリカやイギリスなどのヨーロッパ圏が多いのですが、中にはタイなどの異国からというルートもあります。

個人輸入でも、実はアイピルを購入できる場合があります。というのも、アイピルは通販でも売っていて、購入する事が出来るのです。
ですが、アイピルは国内でも未認可となっており、一般的な薬局などで市販されている訳ではありません。市販薬として購入することはできないため、海外から個人輸入するしか手に入れる方法が無いという現状があります。

特に、最近では通販で様々なサプリメントや薬を個人で輸入する人が増えました。特に多いのがセクシャルな問題にかかわる薬で、EDやダイエット薬、避妊薬などもあります。また、日本国内では未認可の薬や、化粧品、医療機器、健康食品やサプリメントなどを個人輸入サイトで購入する人も少なくありません。

なぜ個人輸入で購入するかというと、ひとつはとても安いという事があります。
これはアイピルなどもそうなのですが、お値段がとにかく安いのです。日本では診察をして処方してもらう必要があり、その場合は時間もお金もかかります。ですが、個人輸入の場合は数千円で購入できるため、当然安くなるのです。
また、家に運んでもらえるという手軽さや、インターネット上で申し込みが出来る手軽さなどもあるでしょう。

また、理由としては海外の方が薬の審査についてのスピードが速いというのもあります。
実は日本国内の医薬品の審査にはかなり時間がかかり、審査が通るまで治療が受けられなかったり、対処療法で根本的な症状の改善が出来ない場合もあるのです。これを改善するために個人輸入をして、海外の薬を輸入するケースもあります。

日本の場合は特にアイピルなど緊急避妊薬を処方するのにも時間がかかりますし、そもそもどこの病院にもあるという物ではありません。このため、個人輸入などで個人で通販されているものを購入し、備えておくのは悪くない選択肢でもあります。
最近ではピルの市販についての動きも出てきましたが、まだ現状では手軽に処方されるものでもなければ、かなり時間もお金もかかるものです。このため、手軽さを求めるならやはり通販で備えておくのが良いでしょう。